【マツコ会議】原宿の「高級シェアオフィス」マツコも驚く新しい働き方とは?!

投稿日:2018年10月6日

2018年9月29日放送、人気タレントのマツコ・デラックスがおくる日本テレビ系『マツコ会議』では、今話題の高級シェアオフィス「WeWork アイスバーグ(Iceberg)」について深堀しています。

【マツコ会議】原宿の「高級シェアオフィス(WeWork)」

今年8月に出来たばかりのWeWork(ウィーワーク)アイスバーグは、明治神宮前駅(原宿)から徒歩5分という好立地、好アクセス、日の光がたくさん入りそうな斬新なガラス張りの外観が印象的!

WeWork アイスバーグ(Iceberg)では、フリーランスの方だけではなく、自社ビルを持つ大手企業のサラリーマン、起業したものの自分のオフィスを持たない人達も働いていて、1〜7階まで全てがシェアオフィスとなっています。

今、マイクロソフト・Google・Amazonなどのアメリカ大手企業では、シェアオフィスに社員を送りこみ、イノベーションの促進剤として活用しています。

WeWork アイスバーグのビルの中は、大きなリビングのようにアットホームな空間でありながら、シンプルかつお洒落な空間で仕事がはかどりやすい環境となっています。

そんなWeWork アイスバーグの共有スペースは、月7万4000円から借りることが可能です。

【マツコ会議】原宿の「高級シェアオフィス(WeWork)」

一方、オフィスフロアには、会社単位で借りることが出来るプライベートオフィスがあり、大小さまざまな部屋があります。

オフィスの壁も、基本的には透明で解放感がありますね。

そして気になるプライベートオフィスの家賃は、インタビューに答えてくれたIT企業 美人社長さんのオフィスだと、7人部屋で驚きの三桁(100万円以上)!

でも美人社長さんは、出資してくれる投資家さんもWeWork内で見つけることが出来たそうですよ。

その投資額は5000万円近く!

WeWorkの「コミュニティーの力」を実感し、満足のいく商談、資金調達が出来ているようです。

【マツコ会議】原宿の「高級シェアオフィス(WeWork)」

もう一組、インタビューを受けていた美容鍼灸院、製造業、不動産、IT業など複数の会社を経営する社長さんは、奥さんと二人部屋を借りていて、GPSを使ったloT事業の拡大を目指しているとのことでした。

自分自身を内向的な「穴熊社長」と表現されていましたが、WeWorkに来てから人との出会いが激しくなったそうです。

新たな出会いを求めて来て、初日に2件、2日目に2件、3日目に1件というスピードで商談が進んでいるそうです。

このようにWeWorkは、起業されたばかりの方や自社ビルを持つ大手企業のサラリーマンなどの人脈作り、新しい出会いが欲しい社長さんにとっても魅力的なオフィスとなっています。

【マツコ会議】原宿の「高級シェアオフィス(WeWork)」

1週間働いてみたマツコ会議 田中ディレクターも、仕事の出会いを求める人たちとの会話に刺激を受けていたもよう。

とはいえ、知らない人同士で「どうやって仲良くなったら良いか・・・」と不安になりますよね。

WeWorkでは、専用アプリに「自分が何をやっている人か」を登録することで、興味がある人はアポを取り、アプリにメッセージが届くという仕組みになっています。

この専用アプリは、同じビルで働いている人だけではなく、ニューヨークやロンドン、パリ、上海、リオデジャネイロ、メキシコシティーなど世界77都市26万人ものメンバーとコミュニケーションが可能です。

【マツコ会議】原宿の「高級シェアオフィス(WeWork)」

また、WeWorkでは生ビールも飲み放題で、18時になるとほとんどの人が仕事を切り上げて、飲んで仲良くなることも出来ます。

手軽に気になる会社にアポを取ることが出来て、働く人の人となりも分かり、欲しい情報を得ることが出来るなんて魅力的過ぎるシェアオフィスですよね。

【マツコ会議】原宿の「高級シェアオフィス(WeWork)」

残念ながら「(一週間で)連絡が来なかった」と嘆くディレクターさんも、+3日滞在することでまさかの契約成立!!

仕事に行き詰まりを感じている人や引っ込み思案な人、一人寂しく仕事をしている人も、WeWorkのビジネスに適したオフィス環境やコミュニティースタッフさんのサポートで仕事がはかどること間違いナシ!?

WeWorkは、一度、見学に行ってみる価値アリの高級シェアオフィスです。

WeWork

WeWorkの無料見学ツアーに参加する

WeWorkのコワーキングスペース一覧

東京
神奈川
大阪
福岡

PAGE TOP