WeWork 銀座シックス(GINZA SIX)見学ツアーに参加してみた

【WeWork銀座シックス 見学ツアー参加日時】2018年9月某日

WeWork銀座シックス

今回、筆者が訪れたのは銀座エリア最大の商業施設『ギンザシックス(GINZA SIX)』内にあるWeWork 銀座シックスです。

WeWork銀座シックス

メインエントランスからすぐの場所にあるのは、コミュニティスペース。

明るい日が差し込む広大なスペースに、ノートPCを持ち、ある人はおしゃべりをしながら、ある人はコーヒーを飲みながら、そしてある人は黙々と作業をしていました。

20~30代の若年齢層が中心で、中には外国人もいました。

WeWork銀座シックス

受付で見学に来た旨を告げると、スタッフが間もなく来るので飲み物を飲んでしばらく待っていてほしいとのこと。

振り返ると、ドリンクバーがあり、訪れた人たちが次々とマグカップにコーヒーやお茶を注いでいました。

(12時半からはビールも飲めるようです。)

WeWork銀座シックス

なお、外に出なくても食べ物が買えるよう、スナックバーもありました。

WeWork特製のマグカップにコーヒーを注ぎ、カウンターで周囲の様子をうかがいながら飲んでいると、スタッフ(若い女性)がやってきました。

WeWork 銀座シックスはそのロケーションから大人気の拠点です。

2018年9月現在、かなりのスペースが埋まっているので入会するなら早めにしないと閉め切ってしまう可能性があることを伝えられました。

確かに、先ほどから周囲を見回していても、かなりのシートが埋まっています。

WeWorkはその拠点により雰囲気が全く異なり、WeWork 銀座シックスは銀座という場所柄、ファッション関係の仕事をしている個人や法人が多数利用しています。

また、年齢層も他の拠点よりも少し高く、落ち着いて仕事に打ち込めることが魅力です。

WeWork銀座シックス

カウンセリングが終わると、スタッフさんに連れられ、施設内見学をしました。

コミュニティスペースの隅にはジュースバー、スナックバー、ビールサーバー、共用電子レンジ、共用冷蔵庫があります。

昼間からビールを飲む人もいるが、それでトラブル(泥酔等)が起きたケースは今までにはないそう。

執務スペースには、机が多数並べられています。

50人以上収容できる大部屋や、2~10人しか収容できない小部屋などさまざまあります。

それぞれのシート、もしくは小部屋は契約して専用スペースとすることができるので、各個人や各法人の個性が出ていてとても面白かったです。

個性があるとはいえど、各部屋に共通していたのは、「物が極端に少ない」こと。

スタッフさん曰く『WeWork 銀座シックスは自然光を取り入れることをコンセプトとしている』とのこと。

そのため、特に窓側の部屋を使っている方たちには物で光を遮らないようにお願いしているんだとか。

WeWork 銀座シックスは、とてもきれいで落ち着いた場所でした。

そして、集まる人がとてもオシャレ!!

今までOLとして、書類やファイルだらけの薄暗い雑居ビルでおじさんたちに囲まれて仕事をしてきた筆者には、かなりのカルチャーショックでした。

こんなキレイな場所で、オシャレな人たちに囲まれて仕事をしたら、毎日が楽しいものになるだろうと思います。

WeWork

WeWork 銀座シックスの無料見学ツアーに参加する

投稿日:2018年9月19日

更新日:2019年4月30日

WeWorkのコワーキングスペース一覧

東京
神奈川
名古屋
大阪
福岡

コワーキングスペース.tokyo
掲載店舗数

130

キーワード検索

コワーキングスペース記事

人気の路線

人気の駅

人気のキーワード

起業家向けコワーキングスペース

PAGE TOP